朝ドラ エール RADWIMPS 野田洋次郎 演じる木枯正人のモデルは古賀政男!国民栄誉賞の作曲家 東京五輪音頭 レコード大賞創設

  • 2020年4月16日
  • 俳優
  • view

NHK朝ドラ「エール」の東京編から登場する、主人公・古山裕一とコロンブスレコードの同期入社でライバルとなる木枯正人(こがらし まさと)。

 

演じるのはRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんです。

www.instagram.com

 

RADWIMPSと言えば、「君の名は。」の主題歌『前々前世』でブレイクしたバンドとして有名ですが、そのボーカルである野田洋次郎は、今回がドラマ初出演です。

 

あえて本物の歌手である野田洋次郎さんを起用した背景としては、その役どころとなる木枯正人が、実在の音楽家をモデルにしているからですね。

 

モデルとなった人物とは一体どんな方なのか?調べてみました。

 

 古賀政男 プロフィール

本名:古賀正夫

生年月日:1904年11月18日

出身地:福岡県三潴郡田口村(現・大川市)

死没:1978年7月25日(73歳没)

 

木枯正人のモデルは作曲家・古賀政男さんだと言われています。

 

古賀政男さんは、少年時代からマンドリンやギターなどの弦楽器を好んでいたそうで、作曲家であり、ギタリストとして知られています。

ドラマでは野田洋次郎さんがギターをかき鳴らして弾き語りするシーンなんかがあるんじゃないでしょうか。

 

ちなみに、窪田正孝さん演じる主人公・古山裕一の実在モデルは、同じく作曲家の古関裕而さんです。

 

 

広告

 

 

古賀政男 経歴

古賀政男さんは、1931年から日本コロムビア専属の作曲家としてその才能を認められ、歌手の藤山一郎さんとのコンビでヒット曲を連発しました。

 

藤山一郎さんは、ドラマでは山藤太郎として登場し、ミュージカル俳優の柿澤勇人さんが演じられています。

 

いったんコロムビアからテイチクに移籍するも、再びコロムビアに復帰し、1938年からは外務省の音楽親善大使としてアメリカにわたりました。

 

帰国後に日本は戦争に突入したため軍歌を作ることになってしまい苦悩することになります。

 

戦後、再び流行歌を手掛けるようになった古賀さんは、三波春夫さんの国民的ヒット曲、「東京五輪音頭」や、美空ひばりさんの「柔」などヒット曲を連発し、1965年には第7回日本レコード大賞を受賞します。

 

 

ちなみに、日本レコード大賞を創設したのは古賀政男さんで、自分で自分が創設した賞をとってしまったんですね。

 

1978年に73歳で亡くなられた直後、当時の福田赳夫首相から、史上二人目の国民栄誉賞を贈られています。

 

ちなみにともに数々のヒット曲を世に送り出した盟友・藤山一郎さんも死後、史上8人目の国民栄誉賞を受賞されています。

 

この記事の関連情報

NHK 朝ドラ エール 相関図 あらすじ ネタバレ 窪田正孝 唐沢寿明 菊池桃子 佐久本宝 風間杜夫 山崎育三郎 中村蒼 森山直太朗 田中偉登 二階堂ふみ 薬師丸ひろ子 松井玲奈 森七菜 柴咲コウ 野間口徹 仲里依紗 三浦貴大 – 資産運用マンのブログ

堀田真由 注目の若手女優 出演作品 恋つづ エール わろてんか 3年A組 いとしのニーナ non-noモデル 朝ドラで注目 – 資産運用マンのブログ

 

 

広告