サラ・オレイン 腐女子うっかりゲイに告る 出演 西郷どん 大河紀行 歌手 ヴァイオリニスト オーストラリア人 ラグビーW杯テーマ曲担当

  • 2020年6月13日
  • 俳優
  • 3view

2020年6月13日より再放送されるドラマ「腐女子うっかりゲイに告る」にカフェバー「ʻ39」のオーナー・ケイト役として出演している外国人女優、サラ・オレインさん。

 

俳優として初のドラマ出演なので女優としては知られていないかもしれませんが、2019年のラグビーワールドカップにてテーマ曲‘World In Union’の日本語バージョン及びスコットランド出身のエミリー・サンデーとのデュエットバージョンを担当したという、すごい方なんですね。

 

経歴を調べてみて驚きました。

 

 

サラ・オレイン プロフィール

www.instagram.com

生年月日:1986年10月8日

出身地:オーストラリア シドニー

 

サラ・オレインさんをご存知の方は、テレビ朝日『関ジャニの仕分け∞』で知ったという方が多いのではないでしょうか。

 

当時、カラオケ得点対決で26連勝中という驚異的な成績を収めていたMayJさんへの刺客として彗星のように現れ、MayJの持ち歌である「Let It Go」を歌い勝利したことで話題となりました。

 

オーストラリア人で外交官の父と、日本人で音楽家の母を持つサラ・オレインさんは、幼少のころからヴァイオリンの英才教育を受けてきたそうで、オーストラリアで有名な音楽の学校を卒業しています。

 

また、世界で25名の学生が選ばれる留学生の一人として、東京大学教養学部にオーストラリア代表として留学しました。

 

その後、ゲームやCMに楽曲を提供したりするなど日本での活動をつづけた結果、「関ジャニの仕分け∞」でブレイクするに至ったというわけです。

 

元々超優秀な方なので、英語、日本語だけでなく、ラテン語を勉強されており、フランス語やイタリア語も扱うことができるので、翻訳家としても活躍されています。

 

日本では歌手として有名になってしまったので、NHKのドラマ主題歌や大河『西郷どん」の劇中歌を担当するなどボーカリストとして活躍してきましたが、徐々に本業と言えるヴァイオリニストとしての活動も増えてきており、最近ではヴァイオリンコンサートなども行っています。

kaba rioNo3草刈マヨオ on Twitter: “西郷どん。我が故郷。サラオレインさん。1/3🎶
#NHK #サラオレイン #西郷どん #西郷どんスペシャル2 #我が故郷… “

 

 

タレントとしては、NHKおとなの基礎英語に出演されていましたが、これまで演技はまったくされていません。

 

今回のドラマ出演が本当に女優としては初めての出演になるようです。

 

マルチな才能のある方なので、女優としても成功しておかしくないと思います。

本当は歌を活かせるミュージカルとかの方が合っているのかもしれませんが、たぶん、稽古など時間をかける必要があるので、そうするとコンサートなどができなくなってしまうという理由で難しいんでしょうね。

 

この記事の関連情報

LGBTドラマ 腐女子うっかりゲイに告る 相関図 金子大地 藤野涼子 谷原章介 安藤玉恵 小越勇輝 サラオレイン 小野賢章 内藤秀一郎 吉田まどか あらすじネタバレ – 資産運用マンのブログ

金子大地 CHEAT チート 出演 腐女子うっかりゲイに告る おっさんずラブ マロ役でブレイク 明日の約束 令和の若手俳優 プロフィール インスタ – 資産運用マンのブログ

藤野涼子 #腐女子うっかりゲイに告る 三浦紗枝で出演|ソロモンの偽証主演の女優|ひよっこ・しんくみ表紙 – 資産運用マンのブログ