ドラマ 最愛2続編 映画 主人公は加瀬 吉高由里子ツイート 箱は開く 2年後 あらすじ考察展開

  • 2021年12月17日
  • 2022年1月15日
  • ドラマ
  • 340view

ドラマ「最愛」第10話最終回が放送されました!

最後は希望が残る展開で、おそらく続編、最愛2、映画化されると思われます。

最終回のネタバレあらすじ展開から続編、最愛2、映画の考察をご紹介します。

 

※誤って今回のドラマ「最愛」第10話最終回、続編、最愛2、映画のネタバレ考察記事に来てしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りください。

 

ドラマ 最愛2 続編 映画 期待のインスタ

ドラマ「最愛」公式インスタ第10話最終回です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TBS金曜ドラマ『最愛』(@saiai_tbs)がシェアした投稿

ドラマ 最愛2 続編 映画 あらすじネタバレ

梨央(吉高由里子)と優(高橋文哉)を守るため、すべての秘密を抱えて、二人の幸せを大輝(松下浩平)に預けて、加瀬(井浦新)は姿を消した。

加瀬がいなくなった後、優は大学へと進学し、梨央は新薬の開発に成功し、大輝と二人で平穏な日々を送っていた。

 

広告

ドラマ 最愛2 続編 映画 展開考察

ここからは第10話最終回をうけて、最愛2、続編、映画化の展開を考察していきたいと思います。

当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。

続編は加瀬が主人公?

加瀬が警察から逃げ延びたことで、続編の希望が残りました。

このまま終わってしまうのはもったいないと思っていた視聴者の声が、制作側に届いたのではないでしょうか。

ドラマ的には、加瀬が逮捕されてしまうという展開にしても良かったのに、そうしなかったということは、このまま終わるのではなく、続編を作る気があるということですよね。

加瀬にとって、人生のすべてといっていいのが真田家であり、家族だったわけですが、その家族を守るために、家族を捨てなければならなかったという、ものすごい矛盾した、不条理な、切ない結果となりました。

全ての罪を一人で背負うことにした加瀬は、このあとどのような人生を送っていくのか、今、何を考えているのか、非常に気になりますよね。

今回のドラマは、梨央を中心に描かれていましたが、続編、最愛2、映画が製作されるとしたら、その時の主人公は加瀬になるんじゃないでしょうか。

今どこで何をしているのか。

きっとどこかの山村で、農作業をしながら罪を償っているんじゃないかと思います。

続編で再び「箱」が開く

吉高由里子さんがこんなツイートをしてくれていました。

「宝物をありがとう。箱が今夜開く。そしてまた大切に閉じます」

このツイートに出てくる「箱」とは、あの黒い箱、過去の記憶が封じ込められていた箱のことですよね。

このツイートで吉高由里子さんは、最終回で15年前の記憶を開放した箱が最後に再び閉じてしまったと言っています。

しかし、大切に閉じます、ということは、また再び箱を開くときがくるとも考えられますよね。

15年間の記憶を閉じ込めていた箱に、これから新しい思い出をどんどんと詰め込んでいくために、梨央は再び箱を開くのではないでしょうか。

そして箱を開くときには、加瀬と梨央、大輝、優が再会する時だと考えられます。

続編は2年後か

続編、映画は、おそらくすぐには製作するのは難しいでしょう。

おそらく、続編ありきで作っていたドラマではないはずなので、今回の大ヒットを受け、これから構想を練り始めるところだと思われます。

いい作品に仕上げるための期間としては、最低でも2年は必要でしょう。

急いで作って中途半端なものが出来上がるくらいなら、ファンとしてはいくらでも待ちます。

まずはパラビやDVDを見て、気長に待ちましょう。

広告

ドラマ 最愛 関連情報まとめ

ドラマ 最愛 相関図 吉高由里子 松下洸平 井浦新​ 薬師丸ひろ子 及川光博 奥野瑛太 光石研 佐久間由衣 津田健次郎 岡山天音 水崎綾女 田中みな実 高橋文哉 酒向芳 茅島成美 宮下かな子 柊木陽太 朝井大智