ドラマ TWOWEEKS 2ウィークス あらすじネタバレ キャスト相関図 真犯人 謎 最終回 考察 三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 磯村勇斗 黒木瞳 高嶋政伸 原沙知絵 立花恵理 玉置玲央 久保田悠来 鈴木仁

  • 2019年7月16日
  • 2020年9月14日
  • ドラマ
  • 5view

2019年7月スタートのドラマ「TWO WEEKS(2ウィークス)のあらすじネタバレ キャスト 登場人物 相関図 原作 見逃し動画 謎の考察をご紹介します。

 

ドラマ「TWO WEEKS」は、関西テレで7月16日(火)夜9時から放送されるドラマです。

 

韓国で大ヒットしたドラマの日本リメイク版。

三浦春馬さん主演で、殺人容疑の潔白と、娘のドナーという2つの難題を抱えて逃亡する男の2週間を追ったドラマです。 

 

最新話の動画や見逃し配信を無料で見たい場合はFODの公式サイトをチェックしてください。

 

 PR

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 

ドラマ「TWO WEEKS(2ウィークス)」登場人物 出演キャスト

結城大地  演 – 三浦春馬

月島楓  演 – 芳根京子

青柳すみれ  演 – 比嘉愛未

有馬海忠 演 – 三浦貴大

灰谷  演 – 磯村勇斗

久我早穂子  演 – 黒木瞳

柴崎要  演 – 高嶋政伸

柏木愛 演 – 立花恵理

相良サトル  演 – 森永祐希

小池夏美  演 – 原沙知絵

青柳はな   演 – 稲垣来泉

ホンダ  演 – 玉置玲央

久留和保  演 – 池田鉄洋

間宮裕 演 – 久保田悠来

岩崎恭二 演 – 神尾佑

角田智一 演 – 近藤公園

乾大輝 演 – 鈴木仁

葛城茂 演 – バッファロー吾郎A

 

 

広告 

 

 

ドラマ「TWO WEEKS(2ウィークス)」相関図

 

2weeks 相関図

 

ドラマ「TWO WEEKS(2ウィークス)」あらすじ

 

かつて殺人未遂容疑によって服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬)は、出所後に生きる希望を失って生活していた。

 

そんなとき、8年前に別れを告げた元恋人、青柳すみれ(比嘉愛未)が、自分たち二人の娘だという女の子を連れてくる。

しかもその子は白血病を患ってドナーを探しているところだった。

 

娘の存在によって生きる希望を見出した結城だったが、その矢先、またしても何者かの策略に陥れられて殺人の容疑をかけられてしまう。

 

これでまた刑務所での生活に戻るのか、娘とも会えずに終わるのか。

 

それだけは避けたい一心で、結城は自ら真犯人を探すべく、逃亡者となるのだった!

 

https://www.ktv.jp/twoweeks/story/01.html より引用

 

広告

 

 

ドラマ「TWO WEEKS(2ウィークス)」原作

韓国ドラマ「TWO WEEKS」が原作です。

2013年8月7日から9月26日まで全16回に渡って韓国MBCで放送されました。

主演はイ・ジュンギが務めています。

 

GYAO!の公式サイトにて、毎週火曜日に1話ずつ更新中です。

 

韓国ドラマリメイク 特集|無料動画|GYAO![ギャオ]

 

ドラマ「TWO WEEKS(2ウィークス)」動画

ドラマ「TWO WEEKS」公式インスタより予告動画です。

 

www.instagram.com

 

 

ドラマ「TWO WEEKS(2ウィークス)」ネタバレ考察 展開予想

 ここからはドラマ「TWO WEEKS」の展開を予想して考察していきたいと思います。

当たっていたらネタバレになるかもしれませんのでご注意ください。

 

広告

 

 

韓国の原作と最終回の違いは

 

韓国ドラマが原作なので、設定は踏襲しつつも、色々と違いは出てくると思います。

 

芳根京子さん演じる月島楓の過去などは、たぶん原作にはない設定なので、日本版にリメイクするにあたり、変えてきているところが上手くいくかどうかがポイントですね。

 

あと、真犯人を同じにするのかも気になりますね。

 

日本版にリメイクするときに、設定をいじったところから、犯人はコイツの方が面白いんじゃないか、とか脚本家が考えると変えてくる可能性はあります。

 

個人的には、比嘉愛未さんが実はものすごい腹黒で、8年前からすでに色々と計画していた、的なことを期待します。

 

 

三浦春馬と三浦貴大の三浦対決 

イケメン俳優として人気の三浦春馬さんと、2世俳優として知られる三浦貴大さんの「三浦対決」が見所です。

 

三浦貴大さんは、三浦友和さんと山口百恵さんの息子という超サラブレッドな2世俳優さんですが、ブレイクしきれていない印象です。

 

個人的にはけっこう髭が濃いのが気になっていて、逃亡者という感じがするので、できれば主演を三浦貴大さんにやってほしかったなと。

そうすればもしかすると彼の代表作になったかもしれないと思います。

 

一方、三浦春馬さんは、子役デビューからイケメン俳優へと成長し、月9で主演するなど順風満帆な感じですが、三十路が見えてきてこれからは演技派俳優へと転身しなければならない時期だと思います。

 

この二人、同じ三浦同士ではありますが、ライバル心みたいなものを敢えて出して、そこはバチバチの火花散るくらい実際に不仲になって喧嘩するくらいの気持ちで「三浦と言えば俺だ!」というのを争って欲しいですね。

 

視聴率が取れるのか

 殺人容疑とドナーという、これでもかというくらいの逆境を与えられた主人公がどうなってしまうのか?ということが見所ですが、逆にいうとそれだけで視聴者を掴み続けることができるかどうかですね。

 

ありがちと言えばありがちなストーリーだけに、結末だけ知りたいと視聴者におもわれてしまうとアウトです。

 

毎週欠かさずにみようと思えるには、さすがに三浦春馬さんと芳根京子さんの人気と、高嶋政伸さんの顔芸に頼るだけでは無理があるでしょう。

 

そこはやはり、原作は原作として設定だけを使い、実際にはまったく違うストーリーを展開していく方がいいんじゃないかと思います。

 

広告

 

ドラマの最新記事8件