ドラマ 天国と地獄 4話&5話 あらすじネタバレ考察 次に殺される人予想 二重人格はフェイク 九十九真犯人説

  • 2021年2月7日
  • 2021年2月7日
  • ドラマ
  • 129view

ドラマ「天国と地獄」第4話のあらすじネタバレと第5話の展開予想、真犯人考察を含む内容をご紹介します。

 

※誤って今回の「天国と地獄」第5話のネタバレ考察記事に来てしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りください。

ドラマ 天国と地獄 最新話 インスタ

ドラマ「天国と地獄」公式インスタより

ドラマ 天国と地獄【第5話】あらすじ

日高(高橋一生)のことがわからなくなってしまった彩子(綾瀬はるか)。

そんなとき、陸(柄本佑)が彩子の元にやってくる。

日高がコインロッカーに何かを預けているところを目撃し、中に入っていた日高宛の手紙を頼りに訪ねてきたのだった。
驚く彩子だったが、日高が実は犯人ではないのではないかという疑問が大きくなっていく。

そんな中、日高社長が連続殺人の容疑者であるというネタがネット上にばらまかれてしまう。窮地に立たされてしまう彩子だったが、日高が犯人ではないのではないかという思いが強くなり、容疑を晴らすことができないかと考える。

一方、日高のボストン在住時の共同研究者だった九十九聖(中尾明慶)が日本にやってくる。現地で起こった連続強姦殺人の容疑者が日高なのではと言う九十九だったが、その表情はどこか怪しげで…

また、日高と彩子の策にはまり一線からはずされていた河原(北村一輝)は、それでも事件解決を諦めておらず、彩子と日高には何かあるとにらんでいた。そこで、あの漫画「闇の清掃人」に秘密があると考える。

 

広告

ドラマ 天国と地獄 第4話 感想 5話ネタバレ考察

ここからは第4話の感想と第5話の予告動画をうけて、この先の展開を考察していきたいと思います。

当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。※原作は読んでませんのであくまで予想です。

次に殺される人予想

日高が入浴中に見ていたスマホの画面には、すでに殺されている四方忠良と田所仁志の名前のほか、複数の名前がありました。
それは、ある法則に従って集められた人物リストだと思われますが、おそらく殺されてしまった人間と、これから殺される予定の人物の名前が記されているものだと思われます。

2人とも名前に数字を示す文字が入っており、その名前を示す数字が、殺害前に日高に暗示されていました。

四方が殺害された日には、路上に数字の「4」の落書きがありましたよね。あれが暗示です。

もしかすると、それは真犯人からの殺害予告なのではないかと思われるのですが、そうなると、次に殺されるのは数字の5が名前に入った人物ということになります。

今までの登場人物の中で言うと、鑑識課の新田将吾(林泰文)、捜査一課管理官の五十嵐公平(野間口徹)、そして、日高の秘書の五木樹里(中村ゆり)の3人です。

もしかすると、この中の誰かが次の被害者となるのかもしれませんね。

 

二重人格説はフェイク

今回、日高と彩子の入れ替わりの謎のヒントしていくつかのエピソードがありました。

日高が彩子から「地獄に道連れで刑務所送りにする」と言われたときに「だから(入れ替わりは)あなただったんですね」という言葉を口にしました。

これは、もしかすると、入れ替わったところで運命は変えられないということを言いたかったんじゃないでしょうか。つまり、入れ替わったところで殺人犯として逮捕されるという運命は変わらないという意味です。

これは自分が殺人犯だということを受け入れているということなのか、それとも、誰かから殺人犯として仕立て上げられていることから逃れられないと諦めているのか。

もし、諦めているのだとしたら、それは本当に自分が犯人だからということでしょうか。彩子が想像していたように、実は日高は二重人格で、社員や妹から慕われる日高と、殺人鬼の日高という二つの顔を持っているということなのでしょうか。

個人的には、日高の二重人格説はフェイクだと思います。

それではあまりにも単純だし、人格が入れ替わるという、もっと極端なファンタジーが出てきている以上、後から二重人格という設定が出てきてもインパクトが薄すぎます。

考えられるとすれば、二重人格ではなく、誰か別の人格が入り込んでいるということ。

例えば、かつて日高の近所に住んでいて、階段から落ちて亡くなったという足の悪い嫌われ者のおじいさんの人格とか。

おじいさんが死んだ日、日高は風邪ひいて寝ていたということですが、実は階段から一緒に転げ落ちて、人格が混ざってしまったのではないでしょうか?

もしくは、本来の日高は、その時のおじいさんと入れ替わって死んでしまい、おじいさんの人格が今の日高に残っているということかもしれません。

この入れ替わった人格を見破るには、日高の癖である、右の耳たぶを触る癖がいつからのものなのかがヒントになりそうです。

もし、妹の日高優菜(岸井ゆきの)が子どものころからあった癖だと言えば、日高は日高本人だし、それがおじいさんの死亡事件以降の癖だとしたら、人格が入れ替わっている可能性が高いです。

西表島の緋火の集落というのも、そのおじいさんの出身地で、日高はそこを訪れていたのかもしれませんね。

九十九が真犯人説

次回、第1話以来の登場となる九十九ですが、ここで登場してくることで俄然、真犯人として怪しくなってきました。

日本での事件の犯人は別人かもしれませんが、ボストンでの連続殺人犯は、九十九である可能性が高いと思われます。

本当は、日高に罪を着せようとしたけど失敗していたとか。

今回、日高が容疑者だという情報を流したのは、おそらく河原でしょうが、その情報を見つけて、あの時に犯人に仕立て上げ損ねた日高を殺人犯にするチャンスだと考えて、陥れるために日本にやってきたのかもしれません。

 

広告

ドラマ  天国と地獄 見逃し配信

ドラマ「天国と地獄」の動画や見逃し配信を無料で見たい場合はParaviの公式サイトをチェックしてください。

ドラマ 天国と地獄 関連情報まとめ

過去の放送回や関連情報をまとめました。

出演者情報などをご紹介します。

天国と地獄

2021年1月17日(日) 夜21時からTBSで放送されるドラマ「天国と地獄〜サイコな2人〜」の相関図 出演キャスト あらすじ ネタバレについて紹介します。   ※誤って今回のドラマ「天国と地獄〜サイコな2人〜」ネタバ[…]

天国と地獄 第2話&3話 あらすじネタバレ考察 真犯人は? シヤカナローの花とは 謎メッセージ「4」の意味 汗かきと手袋の伏線

天国と地獄 第3話&4話 あらすじネタバレ考察 アケビ サガリバナの伝説 呪いの石

広告