リサとガスパール は犬なのかうさぎなのか 正体 原案 設定 ついでに ペネロペ 何者

  • 2019年8月12日
  • ネタ
  • 24view

いつの間にか家にいて、息子が愛用していたぬいぐるみ「リサとガスパール」

 

絵本で有名な「リサとガスパール」ですが、こいつらは犬なのか、うさぎなのか、という話になり、正体を調べてみました。

 

 

 

 

 リサとガスパールは犬なのかうさぎなのか

耳が長くてうさぎっぽいけど、尻尾は犬みたいに長いので、どっちだろう?と不思議に思っていました。

 

調べてみた結果、どちらでもない、ということが分かりました。

 

リサとガスパールは、パリの住人、だそうです。

 

人間の学校に通う子ども、でした。

 

公式に発表されているのはこれくらいの情報です。

 

見た目にはとても人間には見えないので、想像上の架空の生き物、ということですね。

 

なので、リサとガスパールは、うさぎや犬を見かけたら

普通に「うさぎがいる」とか「犬がいる」とか言っています。

 

自分とは違う生物と認識しているようですね。

 

リサとガスパールとは

絵本「リサとガスパール」が発表されたのは1999年。

 

フランスの絵本作家、ゲオルク・ハレンスレーベンとアン・グットマンの夫婦によって生み出されたキャラクターです。

 

ゲオルクが妻のアンに贈った手帳に書いていたキャラクターがリサの原案になったいきものだそうで、最初は白ではなくこげ茶色だったそうです。

 

その後、ガスパールを生み出して黒色にしたそうです。

 

日本では、2005年に阪急百貨店がCMに起用したことで知られ、その後はPasco超熟のCMに採用されて人気に火が付きました。

 

ペネロペは?

ちなみに、同じ作者の作品として「ペネロペ」がいますが、ペネロペはコアラの女の子です。

 

でも擬人化されていて、幼稚園に通う3歳児という設定だそうです。