ドラマ テセウスの船 8話&9話 音臼村祭り概要考察 石坂校長が12年前に犯した罪 ネタバレあらすじ感想

ドラマ「テセウスの船」第8話の感想、第9話のネタバレと展開予想、考察を含む内容をご紹介します。

  

登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。

 

dorama-kousatsu365.com

 

  

それではドラマ「テセウスの船」第8話の感想、第9話のネタバレや考察を紹介していきます。

 

 

※誤って今回のドラマ「テセウスの船」第9話のネタバレ考察記事に来てしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りください。

 

PR

 

 

 

 ドラマ テセウスの船 最新話 インスタ

公式インスタより。

www.instagram.com

ドラマ テセウスの船【第9話】あらすじ

田村心(竹内涼真)は、みきおに呼び出された文吾(鈴木亮平)を追って現場に向かい、そこでパトカーの中で意識不明となっている加藤みきお(柴崎楓雅)を発見する。

しかし、そこに文吾の姿はなく、行方不明となる。

県警から監察官の馬淵(小籔千豊)がやってきて、文吾を殺人未遂容疑で家宅捜索するという。

さらに、情報がどこからか漏れ、佐野家には記者たちが集まり文吾はたちまち殺人事件の容疑者として騒ぎ立てられる。

一方、心は、文吾への恨みと思われる真犯人からの執念深い謎のメッセージを見つける。
そんな中、和子(榮倉奈々)は、集まった記者たちに啖呵を切って見せる。

ほどなくして文吾は発見され、身柄を拘束されてしまう。

心は、谷底へ捨てた由紀が書いた事件ノートを発見し、そこから真犯人のメッセージと思われる1977年に行われた音臼村祭りのチラシを見つけるのだった。

広告

 

ドラマ テセウスの船【第9話】動画

第9話の予告動画です。 

 

 

 

ドラマ テセウスの船 第8話 感想 第9話 ネタバレ考察

ここからは第7話の展開と第8話の予告動画をうけて、この先の展開を考察していきたいと思います。

当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。

 

広告

 

 

今野浩喜「あんなこと」とは?

今野浩喜さん演じる徳本卓也と、せいやさん演じる田中正志が話していた「あんなこと」というのは一体何なのでしょうか。

 

このタイミングでいきなり飛び出した話なので、事件にかなり重要な意味を持つ出来事と考えて間違いないでしょう。

 

そして、予告動画から推測するに、1977年に行われたという「音臼村祭り」がそれにあたる出来事だと思われます。

 

今までネットでも、この二人は失礼ですが真犯人の器ではないので除外!という意見が多かったのですが、ここへきて真犯人として急浮上ですね。

 

「あんなこと」というのは、加害者がいうセリフというよりは、被害者がいうセリフだと思われるので、やはりこの二人にまつわる人物、とくに田中正志の母が、この「音臼村祭り」に絡む出来事で命を落としてしまったんでしょうね。

 

そして、そこに佐野文吾が絡んでいるという可能性があり、それを恨みに思い、犯行に至ったという可能性があるということになります。

 

犯行の動機としてはありだと思います。

 

音臼村祭りとは?

 

心さんは、どうやら未来のノートを再び発見し、その中に真犯人がわざとこの「音臼村祭り」のチラシを挟み込んでおき、発見させるように仕向けていたようです。

チラシには、音臼村祭りについて概要が書かれていました。

 

まず、日程は、1977年3月19日(土)、時間は10時から、場所は音臼神社となっています。

 

今では行われていないお祭りだと思われ、もしかするとこのときに何か事件が起きて、それが理由で最後の音臼村祭りとなってしまったのかもしれません。

 

そして、その代わりとして、子どもたちを楽しませるための「お楽しみ会」が企画されたのかもしれませんね。

 

さて、音臼村祭りでは、やきそばや甘酒、名物のキノコ汁がふるまわれ、わなげや的あてなどの遊びもあったようです。

 

そして、主催は「音臼村祭実行委員会」となっており、そこには当時の村長である滝本弘明と、大石栄一なる人物、そして、現・音臼小校長の笹野高史さん演じる石坂秀夫の名前が書かれています。

 

果たしてこの祭りで一体何があったのでしょうか。

 

そして、佐野文吾との関係とは一体何なのでしょうね。

 

 

 

広告

 

 

石坂校長が12年前に犯した罪

 

音臼村祭りの実行委員会に名前を連ねていた石坂校長ですが、当時はまだ校長ではなかったのかもしれません。

 

ただ、チラシに名前が載るくらいなので石坂がこの音臼村祭りでかなり責任のあるポジションにいたことは確かです。

 

いろんなことを決定する立場だったり、何か問題が起きた時に、どうするのか判断するポジションにあったという可能性があります。

 

もし、この音臼村祭りで、何かの問題や事件が発生していたとすれば、その責任を負わされた可能性があります。

 

そして、田中正志の母親も、この事件で何か責任を取らされたという可能性もあります。

ただ、田中家は未だに村の名士と言われているので、非難されるような出来事には関与していない可能性の方が高いと思います。

 

また、石坂自身が何か問題を起こしていたとしたら、12年前とはいえ、校長というポジションに就くことはできていないと思われます。

 

よって、石坂校長がこのときに何らかの罪を隠ぺいし、それを誰かに擦り付けていたのではないかという推察ができると思います。

 

そしてそれを背負わされて村を追い出されたのが、田中正志の母親なのかもしれませんね。

 

 

 

広告

 

 

 

ドラマ テセウスの船 見逃し配信動画

Paraviで最新話の見逃し配信中です。

無料体験中なので、試してみるのもありだと思います。

 

 

ドラマ テセウスの船 関連情報まとめ

過去の放送回や関連情報をまとめました。

出演者情報などをご紹介します。

ドラマ テセウスの船 7話&8話 ネタバレあらすじ感想 ワープロ打ちの真相 真犯人顔見知り説 – 資産運用マンのブログ

ドラマ テセウスの船 6話&7話 ネタバレあらすじ感想 黒幕は石坂校長ではない 真犯人はみきおの同級生説 – 資産運用マンのブログ

ドラマ テセウスの船 5話&6話 ネタバレあらすじ感想 黒幕は石坂校長説 長谷川翼 木村みきおは操られていた! – 資産運用マンのブログ

ドラマ テセウスの船 4話&5話 ネタバレあらすじ感想 真犯人の動機は怨恨説 さつき先生はミスパンダではない 上野樹里 鈴木亮平 麻生祐未 – 資産運用マンのブログ

 ドラマ テセウスの船 3話&4話 ネタバレあらすじ感想 上野樹里事件ノートが再び竹内涼真に渡る ユースケサンタマリア殺したのは麻生祐未説 – 資産運用マンのブログ

 ドラマ テセウスの船 2話&3話 ネタバレあらすじ感想 覗き穴の目は誰 真犯人の計画 ノートを拾う ユースケサンタマリア 竜星涼 芦名星 – 資産運用マンのブログ

 ドラマ テセウスの船 1話&2話 ネタバレあらすじ感想 ワープロ打っている人物の正体 佐野は千夏に何をしたのか – 資産運用マンのブログ

 

 

広告

 

 

ドラマの最新記事8件