井頭愛海|芳根京子似から一人の女優へ|べっぴんさん・さくらの親子丼・砂浜クラブに出演

  • 2019年4月3日
  • 俳優
  • 3view

先日、高校を卒業して女優業に専念されることを発表したのが井頭愛美さん。

 

 

井頭愛海さんといえば、朝ドラ『べっぴんさん』で、主人公・坂東すみれの娘・坂東さくらを演じてブレイクした若手女優さんです。

 

どのような方なのか調べてみました。

 

 

井頭愛海(いがしら まなみ)

 

プロフィール

生年月日:2001年3月15日 

出身地:大阪府

血液型:O型

所属事務所:オスカープロモーション

公式ブログ:井頭愛海オフィシャルブログ

 

「井頭愛海」と書いて「いがしら まなみ」と読みます。

「いがらし」と言い間違えてしまいそうですね。もしかすると本名かもしれません。

また、あまり見かけない名字のため、在日ではないかと噂されています。

例えば「井」さんが帰化して「井頭」と名乗っている、といった感じです。

これについては公式に否定も肯定もされていませんのであくまで噂です。

 

さて、井頭愛海さんは、12歳の時、全国美少女コンテストで審査員特別賞を受賞したことがきっかけで芸能界入りしました。

 

映画『おしん』や、雑誌『ピチレモン』のモデルなどとして活動をスタートさせたのち、先に紹介した美少女コンテストのファイナリスト21人で結成したアイドルユニット「X21」のメンバーとして活躍。

 

 

そんな井頭愛海さんが注目されたのは、第88回選抜高等学校野球大会「春のセンバツ」のイメージガールに選ばれたことです。

さらに、『べっぴんさん』で芳根京子さんの娘役に抜擢されたのですが、その理由が、芳根京子さんと雰囲気が非常に似ていたから、ということらしいです。

制作プロデューサーが間違えてしまうくらい、目元の辺りが似ているとのことですが、確かに二人とも美少女ですよね。というか、芳根京子さんが若すぎてとても親子には見えないですね・・・。

 

『べっぴんさん』終了後はどういった活動をされるのか注目されていましたが、女優としての仕事よりもモデルとしての仕事が多かったようです。

 

2016年、ドラマ「大阪環状線 ひと駅ごとのスマイル」第10話に車いすの少女・桃役として出演。

 

そして2017年にドラマ『明日の約束』にレギュラー出演。

井頭愛海さんが演じるのは、自殺してしまった少年のクラスメイトで1年B組の学級委員長、田所那美役。

 

2018年は「パフェちっく」「さくらの親子丼2」にもレギュラー出演し、徐々に女優業が本格化していきました。

 

そして、この春、同じアイドルユニット「X21」に所属し、平成最後の戦隊「騎士竜戦隊リュウソウジャー」リュウソウピンク役として活躍中の尾碕真花さんとともに、堀越学園の卒業を報告。今後は女優として専念することを宣言されていました。

 

4月13日にはNHKのオーディオドラマ「砂浜クラブ」にみちる役として主演されます。

砂浜クラブ | NHK オーディオドラマ

 

声だけの演技ですが、高校生の葛藤をどのように表現してくれるのか楽しみです。

 

芳根京子似のオスカー期待の新人、というところから、今後は一人の女優として活躍されていくのではないかと期待しています。