ドラマ 女子高生の無駄づかい 4話&5話あらすじネタバレ感想 ワセダの過去が明らかに! 町田啓太 岡田結実 中村ゆりか ロボっ子東京編!

ドラマ「女子高生の無駄づかい」第4話感想、第5話のネタバレと展開予想、考察を含む内容をご紹介します。

  

登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。

 

dorama-kousatsu365.com

 

  

それではドラマ「女子高生の無駄づかい」第4話の感想、第5話のネタバレや考察を紹介していきます。

 

※誤って今回の「女子高生の無駄づかい」第5話のネタバレ考察記事に来てしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りください。

 

PR

 

 

ドラマ 女子高生の無駄づかい インスタ

www.instagram.com

 ドラマ 女子高生の無駄づかい【第5話】あらすじ

体の中で最も大切な部分である心臓を守るために胸毛を生やしたいバカ(岡田結実)。
世の中のツルツルであることが正しいような雰囲気に異論を唱えるバカを、ヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)が冷めた目で見つめる。

ヤマイ(福地桃子)は虫歯の痛みをマジョ(井本彩花)の怪しげな魔法陣と術で拭い去ってもらおうとする。
ロボに恋する男子高校生・高橋(望月歩)は、親友の青山(水沢林太郎)を連れて再来!

ヲタの将来の夢は「漫画家」だと聞いたワセダ(町田啓太)は、自身のロックにかけた青春時代を思い出す。

一方、連続ドラマ小説「ロボっこ」は、ついに激動の東京編へ。

コンクリートジャングル東京にて、恋と微生物の間で心が揺れる。

PR

 

ドラマ 女子高生の無駄づかい【第5話】動画

 

 

ドラマ 女子高生の無駄づかい 第4話 感想 第5話 ネタバレ考察

ここからは第4話の感想、第5話の予告動画をうけて、この先の展開を考察していきたいと思います。

当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。

 

広告

 

ワセダの過去が明らかに!

5話では町田啓太さん演じるワセダの過去が明らかとなります。

 

ロックバンド仲間として、長井短さん、鈴木理学さん、ブリリアンのダイキさんが登場です。

 

ドラマ 女子高生の無駄づかい 見逃し動画配信

ドラマ「女子高生の無駄づかい」は、auビデオパス、U-NEXTなどで配信中です。

 

 

 PR
 

ドラマの最新記事8件