江口のりこ 時効警察 サネイエ プロフィール 出演作 濡れ場 サブカル映画経て個性派女優としてブレイク 安藤サクラ似てる説

  • 2019年9月29日
  • 2021年5月9日
  • 俳優
  • 52view

ドラマ「時効警察」にサネイエ役で出演されている、今や脇役女優として押しも押されぬ人気を得ている個性派女優、江口のりこさんについてご紹介します。

 

 

江口のりこ プロフィール

www.instagram.com

生年月日:1980年4月28日 
出身地:兵庫県
血液型:O型
所属事務所:ノックアウト

 

シリアスな演技やコミカルな演技など、幅広い役に対応できる個性派女優として数多くの作品に出演されている方です。

 

演技に定評があるうえ、身長が170㎝とスタイルがよく、高身長の俳優さんたちと並んだときにもつり合いが取れ、見劣りしないという特長があります。

 

広告

 

江口のりこ 経歴

江口のりこさんは、映画館でのアルバイトをしていて、自分も見られる側になりたいと思うようになり、中学卒業後高校へは進学せず演技の道へ。

 

東京へ進出し、19歳で劇団・東京乾電池に入られて本格的に演技を始められたそうです。

 

ちなみに、女優業は親からは反対されたそうですが、その反対した母は、中野で占い師ルビー・ラクシュミーとして活動されているそうです。

 

親子ともに安定志向の仕事でないところは、血は争えないというやつですね。

 

広告

 

江口のりこ 出演作 ドラマ

デビュー~サブカル期

2001年にドラマ「こちら本池上署」でデビューしています。

 

その後、江口のりこさんは数多くの映画に体を張れる女優としてヌードや過激な濡れ場を数多く披露されています。

 

2003年『ジョゼと虎と魚たち』

 

2004年『月とチェリー』 

 

これらの作品でサブカル女優という印象があったのが良かったのか、2006年の「時効警察」でサネイエ役としてレギュラーに抜擢されます。

 

深夜ドラマとしてこれほどヒットする作品になるとは当時は予想した人は少なかったでしょうね。

 

中期

その後もコンスタントにドラマには出演されていましたが、2010年、NHKドラマ「野田ともうします」で連ドラ初主演を果たします。

 

これが彼女の代表作で、シーズン3まで制作されたヒット作でもあります。

 

その後は、「マッサン」「花燃ゆ」などメジャーな作品にレギュラー出演が多くなっていき、サブカル女優という印象から、一般の人にも顔と名前が知られる存在へとなっていきます。

 

そして2015年、中期の彼女にとっての代表作『コウノドリ』では、綾野剛さん演じる鴻鳥サクラが働くペルソナ総合医療センターで患者の生活の支援や心のケアをするメディカルソーシャルワーカー・向井祥子役に抜擢されます。

 

また2016年、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』にも、景凡社の校閲部員で厳しく、真面目な性格の藤岩りおん役を演じました。

 

この頃は、真面目過ぎる女性、というのが江口のりこさんの役どころの印象だったと思います。

 

ブレイク期

2017年、彼女のブレイクのきっかけとなったのがドラマ「ウチの夫は仕事ができない」で、錦戸亮さん演じる小林司の姉、小林みどり役でしょう。

 

それまでの生真面目な女性の役どころから打って変わって、毒舌、自由奔放、姉御肌、というキャラを見事に演じ、一気にお茶の間の好感度を上げました。

 

当時、気になる女優としてバラエティ番組にもたくさん呼ばれ、「今夜くらべてみました」などに出演。

 

普段の彼女も役どころ同様、歯に衣着せぬ言動で自然体であることを明かし、さらに好感度があがりました。

 

その後は、「わたし定時で帰ります」中華料理屋の怪しい中国人、王丹役や、「これは経費で落ちません」ストレートな物言いで周囲を困惑させる経理部員、麻吹美華役などに起用され、キャラがかなり定着してきています。

 

広告

 

江口のりこ 安藤サクラ似てる説

江口のりこさんは、安藤サクラさんとよく間違われるようです。

 

安藤サクラ|まんぷく福子役アカデミー最優秀主演女優|万引き家族・ゆとりですがなにか|父奥田英二・夫柄本佑 – 資産運用マンのブログ

 

個性派で体当たりの演技ができる女優ということで、顔だけでなく色々と似ているところが多い二人。

 

ちなみに、安藤サクラさんの旦那は俳優の柄本佑さんですが、その父・柄本明さんは、素で自分の息子の嫁と江口のりこさんを勘違いしてしまったとか。

 

また、江口さんには顔がそっくりの双子のお姉さんがいらっしゃるそうで、姉ともよく間違われてしまうということでした。

 

 

  

というわけで、サブカル女優から演技派女優へとステップアップした江口のりこさん。

 

「時効警察」のサネイエは、実は少しずつ性格が変化しているキャラなので、もしかすると江口のりこさんに影響を受けているのかもしれませんね。

 

今後の活躍に注目したいと思います。 

 

広告

 

江口のりこ 出演情報 まとめ

江口のりこさんの出演作品などの情報をまとめました。

『わたし、定時で帰ります』相関図|吉高由里子・向井理・中丸雄一・柄本時生・泉澤祐希・シシドカフカ・桜田通・江口のりこ・ユースケサンタマリア・内田有紀 – 資産運用マンのブログ

 

NHK ドラマ これは経費で落ちません 6話 次回 ネタバレ あらすじ 闇落ち ベッキー 江口のりこ 対決 多部未華子 重岡大毅 キス 動画 考察 感想まとめ 伊藤沙莉 – 資産運用マンのブログ

 

ドラマ 時効警察はじめました ネタバレ 相関図 オダギリジョー 麻生久美子 吉岡里帆 ふせえり 江口のりこ 豊原功補 岩松了 光石研 磯村勇斗 緋田康人 内藤理沙 田中真琴 武田真治 菊地凛子 余貴美子 – 資産運用マンのブログ

 

ドラマ 時効警察はじめました 1話 ネタバレあらすじ 小雪 要冷蔵 要玲蔵 手書きメモ 謎 真犯人 オダギリジョー 麻生久美子 吉岡里帆 江口のりこ 磯村勇斗 仮面ライダー – 資産運用マンのブログ