ドラマ べしゃり暮らし 原作 ネタバレ 相関図 間宮祥太朗 渡辺大知 矢本悠馬 小芝風花 駿河太郎 徳永えり 寺島進 堀田真由 篠原ゆき子 中川知香 浅香航大 柳ゆり菜 伊藤あさひ 早乙女友貴

2019年7月スタートのドラマ「べしゃり暮らし」のあらすじネタバレ キャスト 登場人物 相関図 原作 主題歌をご紹介します。

 

ドラマ「べしゃり暮らし」は、テレ朝で7月27日(土)夜11時15分から放送されるドラマです。

 

 

 

ドラマ「べしゃり暮らし」登場人物 出演キャスト

上妻圭右 – 間宮祥太朗

辻本潤 – 渡辺大知

子安蒼太 – 矢本悠馬

鳥谷静代 – 小芝風花

金本浩史 – 駿河太郎

藤川則夫 – 尾上寛之

上妻しのぶ – 徳永えり

上妻潔 – 寺島進

上妻美津子 – 篠原ゆき子

土屋奈々 – 堀田真由

望月ひかり – 中川知香

江草はるか – 柳ゆり菜

竹若明浩 – 長田成哉

梅垣望 – 前田航基

梵健太 – 浅香航大

上原裕也 – 早乙女友貴

玉木春馬 – 伊藤あさひ

杉内副嗣 – 小園凌央

水原昇 – 田山涼成

矢田愛梨 – 伊藤ゆみ

根津孝介 – 田中幸太朗

花田稔 – 駒木根隆介

 

 

広告 

 

 

ドラマ「べしゃり暮らし」相関図

f:id:tetsutylor:20190725172313j:plain

 

ドラマ「べしゃり暮らし」あらすじ

 

高校生の上妻圭右(間宮祥太朗)は、小さいころから芸人になるのが夢。

 

ある日、転校生で元芸人の辻本潤(渡辺大知)と運命的な出会いを果たす。

 

一方、ある過去のトラウマからお笑いが大嫌いになった父・潔(寺島進)、それを支える姉のしのぶ(徳永えり)など、圭右は周囲とのあつれきを生みながらも、

 

同級生の子安(矢本悠馬)や、辻本の元相方・鳥谷静代(小芝風花)などとともに芸人としての道を歩んでいく。

https://www.tv-asahi.co.jp/beshari/ より引用

 

広告

 

 

 ドラマ「べしゃり暮らし」動画

公式youtubeからの予告動画です。

ドラマ「べしゃり暮らし」インスタ

 公式インスタから

www.instagram.com

 

ドラマ「べしゃり暮らし」原作 

週刊少年ジャンプ、週刊ヤングジャンプなどで連載された、森田まさのりさんによる漫画「べしゃり暮らし」(集英社)が原作。

 

 

 

森田まさのりさんはかなりのお笑い好きとして知られる方で、M-1にも出場したことがあります。

 

 

ドラマ「べしゃり暮らし」主題歌 

B’zの「きみとなら」が主題歌です。

深夜ドラマとは思えない豪華な主題歌ですね。

発売日、配信日は未定です。

 

森田まさのりさんといえば、ブルーハーツやハイロウズというイメージだったのですが、違いましたね。

 

ドラマ「べしゃり暮らし」ネタバレ考察 展開予想

 ここからはドラマ「べしゃり暮らし」の展開を予想して考察していきたいと思います。

当たっていたらネタバレになるかもしれませんのでご注意ください。

 

広告

 

 

吉本興業の影響は?

基本的に吉本興業を参考にしていると思われる部分が多くあるので、ドラマ化にあたってはおそらく色々と協力してもらっていたはずです。

 

しかし、宮迫博之さんの闇営業問題から、松本興業、加藤の乱、と、今だに混乱が続いている状況です。

 

当初は吉本の芸人が実際に芸人役として出演することも予定としてあったのではないかと思われますが、このような状況では出演をオファーしにくいでしょうね。

 

まあ、そもそも「べしゃり暮らし」は、お笑い界を題材にしてはいますが、基本的には青春モノ、感動モノ、ヒューマンドラマというジャンルであり、コメディなどではないので、芸人さんを積極的に起用する理由はないと思うので、そんなに影響はないかもしれませんね。

 

べしゃり暮らしの最終回は?

 原作のマンガ「べしゃり暮らし」は、実は完結していない、休載中という扱いでした。

 

一応、休載前の回が最終回ということになっていましたが、2019年7月4日発売の週刊ヤングジャンプから、再開されることになりました。

 

ただ10話限定での集中連載ということになっているので、これで本当の最終回となるのか、また休載してしまうのか微妙なところです。

 

なので、ドラマの最終回は、おそらく原作漫画と内容をかぶせていく形で放送することになるのではないでしょうか。

 

映画化はあるのか

ピースの又吉直樹さん原作の「火花」が大ヒットし、映画化もされたため、同じくお笑い界を扱った「べしゃり暮らし」も映画化はもくろんでいると思われます。

 

若手俳優や女優がたくさん出演するようですし、映画化の期待は大です。

 

しかし、懸念するのは「吉本興業」の存在でしょうね。

 

ここが今後どうなってしまうのかが全く読めないので、視聴者がお笑いについてどんな反応を見せてくるのかが未知数です。

 

世の中的に拒否反応みたいなものがでてしまえば、実現は難しいかもしれません。

 

広告

 

ドラマの最新記事8件