朝ドラ エール 副音声解説による再放送 第1話~65話 ネタバレ 相関図 窪田正孝 二階堂ふみ 柴咲コウ 石田星空 清水香帆 山口太幹 込江大牙 古川雄大 山崎育三郎 中村蒼 松井玲奈 森七菜 森山直太朗 唐沢寿明 菊池桃子 光石研 佐久本宝

NHK朝ドラ「エール」の登場人物、キャスト、相関図、第1話~65話のあらすじネタバレをご紹介します。

 

2020年前期の連続テレビ小説「エール」は、朝ドラとして102作目となるドラマです。

 

物語のモデルは、昭和に数々の名曲を生み出し、音楽史にその名を刻む大作曲家・古関裕而氏。

そして、また歌手として夫を支え続けた妻の金子さんとの夫婦の姿を描いています。

 

新型コロナウィルスの影響で撮影が休止したため、2020年6月29日(月)から、再び第1話から再放送されます。

 

再放送では登場人物による副音声の解説がつきます。

第1~6回を佐藤久志(山崎育三郎)、第7~12回を関内吟(松井玲奈)、第13~18回を藤堂清晴(森山直太朗)が担当することが発表されています。

 

 

※ここからはネタバレを含みますので、誤ってこの記事に来てしまった方、ネタバレが苦手な方はお戻りください。

 

 

 

NHK ドラマ エール 第13週~ 相関図

朝ドラ エール 相関図 第13週

 

NHK ドラマ エール 第7週~ 相関図

エール 第7週 相関図


NHK ドラマ エール 第1週~第5週 相関図

f:id:tetsutylor:20200320225824p:plain

 

広告

 

 

NHK ドラマ エール 登場人物 キャスト

古山裕一 演 – 窪田正孝(子供時代:石田星空)

古山音 演 – 二階堂ふみ(子供時代:清水香帆)

古山華 演 – 田中乃愛

古山三郎 演 – 唐沢寿明

古山まさ 演 – 菊池桃子

古山浩二 演 – 佐久本宝

権藤茂兵衛 演 – 風間杜夫

佐藤久志 演 – 山崎育三郎(子供時代:山口太幹)

村野鉄男 演 – 中村蒼(子供時代:込江大牙)

藤堂清晴 演 – 森山直太朗

大河原隆彦 演 – 菅原大吉

桑田博人 演 – 清水伸

及川志津雄 演 – 田中偉登

落合吾郎 演 – 相島一之

鈴木廉平 演 – 松尾諭

菊池昌子 演 – 堀内敬子

松坂寛太 演 – 望月歩

志津 演 – 堀田真由

関内安隆 演 – 光石研

関内光子 演 – 薬師丸ひろ子

関内吟 演 – 松井玲奈(子供時代:本間叶愛)

関内梅 演 – 森七菜(子供時代:新津ちせ)

双浦環 演 – 柴咲コウ

岩城新平 演 – 吉原光夫

打越金助 演 – 平田満

御手洗清太郎 演 – 古川雄大

廿日市誉 演 – 古田新太

木枯正人 演 – 野田洋次郎

杉山あかね 演 – 加弥乃

梶取保 演 – 野間口徹

梶取恵 演 – 仲里依紗

田中隆 演 – 三浦貴大

藤丸 演 – 井上希美

山藤太郎 演 – 柿澤勇人

夏目千鶴子 演 – 小南満佑子

小山田耕三 演 – 志村けん 

鶴亀 演 – 古舘伊知郎

希穂子 演 – 入山法子

今村嗣人 演 – 金子ノブアキ

閻魔様 演 – 橋本じゅん 

寅田熊次郎 演 – 坪根悠仁

 

エール 第13週 スター発掘オーディション あらすじネタバレ

第65話 6月26日(金)

久志と御手洗が受けたオーディションの結果が発表される。しかし、合格者を知った久はコロンブスレコードとひと悶着を起こす。

 

第64話 6月25日(木)

オーディションを受けることになった御手洗を久志はライバルと認識。

裕一と音は二人を同じように応援することに。そしてオーディション当日がやってくる。

 

第63話 6月24日(水)

オーディションを受けようとする久志に、裕一はなんとかしようと裏で何かと動こうとする。一方、音の声楽の先生だった御手洗(古川雄大)がやってくる。

 

第62話 6月23日(火)

当時10歳だった久志(山口太幹)の才能に気づいた担任の藤堂(森山直太朗)は、久志にあることを勧める。

 

第61話 6月22日(月)

順調に作曲家として歩み始めていた裕一。そんな中、廿日市からオーディションで発掘する新人歌手の作曲の依頼を受け、久志(山崎育三郎)にオーディションを受けるように話す。

 

広告

 

 

エール 第12週 父、帰る 古本屋の恋 環のパリ物語 あらすじネタバレ

第60話 6月19日(金)

環の成功を素直に喜べない今村。二人の関係に差が生まれてしまった。

 

第59話 6月18日(木)

音(二階堂ふみ)の目標だった環(柴咲コウ)は、かつてオペラ歌手になるためパリへ留学していた。

その時、環はホームパーティーで知り合った画家を目指す今村(金子ノブアキ)という青年と知り合い互いの夢を語る。

 

第58話 6月17日(水)

裕一(窪田正孝)らが通う喫茶「バンブー」の店主・保(野間口徹)は、10年ほど前には、両親から引き継いだ古本店の店主だった。

そんな時、店にやって来たのが恵(仲里依紗)だった。さらに、常連客が連れてきた親戚の子は、裕一の親友・久志(山口太幹)だった。

 

第57話 6月16日(火)

安隆(光石研)は、光子(薬師丸ひろ子)らが暮らす関内家にもやってくる。そこで、梅(森七菜)について相談したいことがあると告げられる。

 

第56話 6月15日(月)

音(二階堂ふみ)が小学生の頃、出張先で不慮の事故に遭遇して亡くなった父・安隆(光石研)が、閻魔様(橋本じゅん)の許しを得て、2日間だけあの世から戻ってきた!

裕一(窪田正孝)や音は、あり得ない光景に驚くが、久々の再会を喜ぶ。

 

 

エール 第11週 家族のうた あらすじネタバレ

第55話 6月12日(金)

役場に勤める浩二は、店を畳んだ商売人や桑畑を持つ農家の人たちににりんごの栽培を勧めるが、相手にされずに苦悩する。そんな中、裕一は三郎にハーモニカを聴かせることになる。

 

第54話 6月11日(木)

実は三郎が病を患っており病状は深刻だと医師から聞かされた裕一は動揺する。そんな裕一に三郎はハーモニカを聴かせてくれと頼む。

 

第53話 6月10日(水)

久しぶりに実家に帰り、三郎(唐沢寿明)や旧友たちから歓迎される。ただ、弟の浩二(佐久本宝)は裕一に厳しく接する。

 

第52話 6月9日(火)

裕一は音と華を連れて福島に帰省し校歌完成披露会に出席。子どもたちが元気に校歌を歌う姿を目の当たりにした裕一はしみじみと感慨に浸る。

 

第51話 6月8日(月)

娘の華が生まれてから作曲よりも華に夢中な裕一に、恩師の藤堂(森山直太朗)から福島の小学校の校歌作曲の依頼が舞い込む。自信が持てない裕一だったが音に励まされて曲を作ることに。

 

 

エール 第10週 響きあう夢 あらすじネタバレ

第50話 6月5日(金)

環から赤ちゃんに差支えがあっても舞台に立つ覚悟はあるのかと問われた音は、黙ってしまう。

つわりで稽古も碌にできない音に、裕一は休むように促す。しかし音は行方をくらましてしまう。

 

第49話 6月4日(木)

「椿姫」の講演が迫る中、音の妊娠が発覚。裕一は喜ぶが、音は子育てと歌手の両立は難しいと考え、周囲に今後の意向を話すが困惑してしまう。

 

第48話 6月3日(水)

廿日市が即決してくれた「船頭可愛や」はレコード化されるも鳴かず飛ばず、裕一は契約解除の危機に。音から「船頭可愛や」の件を聞いた環は、自分に歌わせてほしいと廿日市に申し出る。

 

第47話 6月2日(火)

木枯のヒット曲「酒は涙か溜息か」を作詞した高梨を紹介してもらった裕一は、高梨に「船頭可愛や」の作曲を依頼される。そんな中、「椿姫」の上演に向け、音は稽古に励んでいた。

 

第46話 6月1日(月)

音楽学校の記念公演で上演される「椿姫」のヒロインに選ばれた音は、環から激励を受ける。一方、作詞家になるという夢のため、福島の新聞社を辞めた鉄男は上京する。

 

 

エール 第9週 東京恋物語 あらすじネタバレ

第45話 5月28日(金)

鉄男(中村蒼)の詞に裕一が曲を付けた「福島行進曲」がレコード化され、裕一はようやくプロとしてデビューを果たす。レコード発売祝いのパーティーを開くことになり、音は希穂子(入山法子)を誘う。

 

第44話 5月27日(木)

ライバルの千鶴子は、音が結婚していて、しかもカフェーで働いていることなどから、絶対に負けないと宣言する。

 

第43話 5月27日(水)

音は男女の機微の心情を学ぼうと、カフェーで働いてみることにする。そんな音を様子を見に訪れた鉄男は、希穂子を見て驚く。

 

第42話 5月26日(火)

学校の記念公演でヒロイン役ヴィオレッタになるため、千鶴子(小南満佑子)と最終選考に残った音だが、環からは実力不足を指摘され落ち込む。

 

第41話 5月25日(月)

裕一は、福島から鉄男を呼んで、久志と三人で会う。一方、音楽学校に通う音は歌手の環(柴咲コウ)を見掛けて声を掛ける。

 

エール 第8週 紺碧の空 あらすじネタバレ

第40話 5月22日(金)

田中の母校に対する思いを聞いた裕一は、熱い思いがこみあげ、ついに「紺碧の空」という曲を完成させる。そして早慶戦がやってくる。

 

第39話 5月21日(木)

裕一が応援歌に苦心する中、音は豊橋の実家に帰ってしまった。音が実家に戻ると光子たちから裕一の作曲に対して意見される。

 

第38話 5月20日(水)

応援歌の作曲の傍ら、交響曲を自作し小山田(志村けん)に見せてみる。一方、早慶戦はあと3日に迫っていた。

 

第37話 5月19日(火)

応援歌を作曲するため、木枯(野田洋次郎)にアドバイスをもらい歌手の山藤(柿澤勇人)を紹介してもらう。

 

第36話 5月18日(月)

早稲田大学応援部団長の田中(三浦貴大)がやってきて、早慶戦での連敗を止めるための策として応援歌を作ってほしいという依頼にやってくる。

 

エール 第7週 夢の新婚生活 あらすじネタバレ

第35話 5月15日(金)

小山田(志村けん)のおかげで契約を取ることができた裕一は、小山田にお礼を伝える。小山田の期待に応えるため、これまで以上に仕事にまい進する決意をする。

 

第34話 5月14日(木)

音と久志が話しているところに裕一が現れ、二人は思わぬ再会を果たす。現状の相談をした裕一は、久志から「いつか必ず道は開ける」と励ましの言葉をうける。

 

第33話 5月13日(水)

同期の木枯(野田洋次郎)がレコードを発売することになると聞き、内心穏やかではない裕一だったが、木枯から大衆が求める歌を作るには、大衆を知らなきゃいけないと言われる。

 

第32話 5月12日(火)

仕事がうまく行かずに焦る裕一。そんな中、音は音楽学校での学生生活をはじめ、オペラの授業で上級生の久志(山崎育三郎)と出会う。

 

第31話 5月11日(月)

家族に反対されながら上京した裕一は、音と新婚生活をはじめる。音の紹介でレコード会社の専属作曲家としての仕事も始まり、廿日市(古田新太)から作曲の依頼がはいる。

 

広告

 

 

エール 第6週 ふたりの決意 あらすじネタバレ

第30話 5月8日(金)

音と鉄男(中村蒼)から音楽を続けるよう説得された裕一は、音楽の道へ進むべきか権藤家を継ぐべきか悩む。そして権藤家で茂兵衛らが話していることを聞き、決断を下す。

 

第29話 5月7日(木)

音は裕一が音楽を続けられるようレコード会社を回って売り込む。そんな時、吟(松井玲奈)の見合い相手の鏑木(奥野瑛太)が仲介し、以前訪れたレコード会社を再訪することになる。

 

第28話 5月6日(水)

音楽学校受験のため上京した音は、光子から裕一の海外留学のことを聞き福島に向かう。裕一と再会した音は、父・安隆(光石研)との幼少期の出来事を思い出す。

 

第27話 5月5日(火)

まさと浩二から、音との結婚に反対された裕一は、久しぶりに恩師の藤堂の元を訪ね、現在の状況について相談する。

 

第26話 5月4日(月)

豊橋での演奏会を終えた裕一は、イギリスへの留学と音との結婚を決めて福島に戻る。一方、音は、歌手を目指し音楽学校の受験に臨む。

 

 

エール 第5週 愛の狂騒曲 あらすじネタバレ

第25話 5月1日(金)

裕一のもとに三郎から電報が届く。茂兵衛らを無事に説得できた様子がわかり一安心する。そして、鶴亀が持ち込んだ演奏会の当日がやってくる。

 

第24話 4月30日(木)

驚くような結果で三郎と光子の話し合いがまとまる。三郎は茂兵衛らを説得すると言い帰っていく。豊橋で裕一は、音と一緒にホールで開催する演奏会の準備を進める。

 

第23話 4月29日(水)

裕一を追って三郎も関内家にやってくる。裕一を連れて帰りイギリスへ留学させたい三郎と、裕一の将来を思って音と別れさせたい光子との話し合いが始まる。

 

第22話 4月28日(火)

その頃、福島では裕一がいなくなったと騒動になるが、、三郎だけは裕一が音に会いに行ったと考える。そんな中、関内家に滞在する裕一の元に鶴亀(古舘伊知郎)という興行師が訪ねてくる。

 

第21話 4月27日(月)

音から手紙が来なくなったことで不安になった裕一は、豊橋へ行き関内家を訪ねる。初めて裕一と対面した音は戸惑いを見せるも、しばらく関内家に置いてほしいと光子に頼み込む。

 

エール 第4週 君はるか あらすじネタバレ

第20話 4月24日(金)

父・源蔵(森山周一郎)が亡くなり、茂兵衛は裕一を銀行の跡取りにしたいと考える。だが、母・八重(三田和代)が機転を利かしたことで茂兵衛は裕一の音楽への挑戦を認めてくれる。

 

第19話 4月23日(木)

新聞の記事を読んで感激した音は、裕一に手紙を送る。一方、裕一は養子縁組を急ぐ茂兵衛に音楽への挑戦を理解してもらえない。

 

第18話 4月22日(水)

歌手になりたい音は、声楽の先生・清太郎(古川雄大)からある新聞記事の話を聞かされる。一方、裕一には海外からの手紙が届く。

 

第17話 4月21日(火)

裕一はコンクールに向けて交響曲の作曲に挑むが、2年のブランクが影響して全く曲が書けなくなっていt。その頃、豊橋で暮らす音は、姉の吟の身代わりでお見合いをすることになる。

 

第16話 4月20日(月)

裕一は、1年前にダンスホールで出会った志津(堀田真由)への失恋を引きずったまま仕事を黙々とこなす日々を過ごす。そんな中、裕一は鉄男から「国際作曲コンクール」の話を聞かされる。

 

エール 第3週 いばらの道 あらすじネタバレ

第15話 4月17日(金)

裕一は、ダンスホールで出会った志津(堀田真由)に心を奪われる。裕一は、職場の同僚・昌子(堀内敬子)から、志津と交際できるよう、女心のアドバイスを受ける。

 

第14話 4月16日(木)

商業学校を卒業した裕一は、福島の川俣にある茂兵衛の銀行で住み込みで働き始める。支店長の落合(相島一之)をはじめ、職場の人たちは良い人たちばかり。

 

第13話 4月15日(水)

権藤家への養子問題で思い悩む三郎。そんな中、裕一はハーモニカの演奏会当日がやってくる。

 

第12話 4月14日(火)

ハーモニカ倶楽部の演奏会用にオリジナルの曲を作曲しようとする裕一。一方、三郎(唐沢寿明)は茂兵衛(風間杜夫)と養子について話をする。

 

第11話 4月13日(月)

裕一(石田星空)は留年しても音楽への情熱だけは失わず、ハーモニカばかり吹いている兄に弟の浩二(佐久本宝)は反発する。  

 

エール 第2週 運命のかぐや姫 あらすじネタバレ

第10話 4月10日(金)

事業が立ちいかなくなった関内家で、学芸会に向けて練習する音(清水香帆)。一方、かぐや姫を演じることになった良子(田中里念)は辛い思いを抱えていた。

 

第9話 4月9日(木)

学芸会までには戻ってくると約束した安隆が戻らず、吟(本間叶愛)梅(新津ちせ)光子(薬師丸ひろ子)も途方に暮れてしまう。そんな中、打越(平田満)が光子に近づいてくる。

 

第8話 4月8日(水)

安隆(光石研)とともに教会を訪れた音は、そこで歌っていたオペラ歌手の環(柴咲コウ)に憧れ、自分も歌を習いたいと安隆に告げる。

 

第7話 4月7日(火)

豊橋ですくすくと自由に育っていた音(清水香帆)は、学芸会の演目に「竹取物語」を提案する。

 

第6話 4月6日(月)

鉄男(込江大牙)が学校を辞めるといううわさを聞いた裕一(石田星空)は、父親に叱られている鉄男を目撃する。  

 

 

エール 第1週 初めてのエール あらすじネタバレ

第5話 4月3日(金)放送

日本全体がデフレに巻き込まれていく中、父・三郎の営む「喜多一」にも不況の嵐が吹き荒れていた。三郎は金策に奔走するが、そんな中でも裕一に楽譜を買い与える。しかし、それが同級生のいたずらに遭ってしまう。

 

第4話 4月2日(木)放送

5年生になったある日、藤堂先生が北原白秋の詩に曲を付けるという宿題を出す。大変なことだと思った裕一だったが、友達の久志(山口太幹)からは、裕一なら大丈夫だと言われる。

 

第3話 4月1日(水)放送

運動会の練習でクラスの仲間から足手まといの扱いを受け、体育の先生からも叱られ、一層辛い日々となる裕一。そんなある日、新しくやってきた教師、藤堂(森山直太朗)と出会う。

 

第2話 3月31日(火)放送

明治42(1909)年。福島の老舗呉服屋「喜多一」の店主・三郎(唐沢寿明)とまさ(菊池桃子)の長男・として生まれた裕一(石田星空)は、同級生からいじめられる日々を送っていた。

 

第1話 3月30日(月)放送

昭和39(1964)年10月10日、古山裕一(窪田正孝)は不安を胸に、妻の音(二階堂ふみ)とともに国立競技場へやってきた。今日ここで東京オリンピックの開会式が開かれ、自分が作曲した曲が流されることになっているのだった。

朝ドラ 見逃し動画配信 

U-NEXTにて見逃し動画配信中です。

無料体験中です。

 

 

広告

 

 

朝ドラ 関連情報 

情報をまとめました。

朝ドラ エール RADWIMPS 野田洋次郎 演じる木枯正人のモデルは古賀政男!国民栄誉賞の作曲家 東京五輪音頭 レコード大賞創設 – 資産運用マンのブログ

堀田真由 注目の若手女優 出演作品 恋つづ エール わろてんか 3年A組 いとしのニーナ non-noモデル 朝ドラで注目 – 資産運用マンのブログ

 NHK 朝ドラ スカーレット 第20週 もういちど家族に 相関図 あらすじ ネタバレ 第21週予告 戸田恵梨香 伊藤健太郎 松下洸平 大島優子 烏丸せつこ 松田るか 尾上寛之 水野美紀 黒島結菜 桜庭ななみ 林遣都 福田麻由子 本田大輔 福崎那由他 – 資産運用マンのブログ

NHK 朝ドラ スカーレット 第21週 スペシャルサニーデイ 相関図 あらすじ ネタバレ 第22週予告 戸田恵梨香 伊藤健太郎 稲垣吾郎 松下洸平 大島優子 烏丸せつこ 松田るか 尾上寛之 水野美紀 黒島結菜 桜庭ななみ 林遣都 福田麻由子 本田大輔 福崎那由他 – 資産運用マンのブログ

NHK 朝ドラ スカーレット 第22週 いとおしい時間 相関図 あらすじ ネタバレ 第23週予告 戸田恵梨香 伊藤健太郎 稲垣吾郎 松下洸平 大島優子 烏丸せつこ 松田るか 尾上寛之 水野美紀 黒島結菜 桜庭ななみ 林遣都 福田麻由子 本田大輔 福崎那由他 – 資産運用マンのブログ

NHK 朝ドラ スカーレット 第23週 揺るぎない強さ 相関図 あらすじ ネタバレ 第24週予告 戸田恵梨香 伊藤健太郎 稲垣吾郎 松下洸平 大島優子 烏丸せつこ 松田るか 尾上寛之 水野美紀 黒島結菜 桜庭ななみ 林遣都 福田麻由子 本田大輔 福崎那由他 – 資産運用マンのブログ

NHK 朝ドラ スカーレット 第24週 小さな希望を集めて 相関図 あらすじ ネタバレ 第25週最終回予告 戸田恵梨香 伊藤健太郎 稲垣吾郎 松下洸平 大島優子 松田るか 水野美紀 桜庭ななみ 林遣都 福田麻由子 溝端淳平 羽野晶紀 西川貴教 佐藤隆太 北村一輝 – 資産運用マンのブログ

NHK 朝ドラ スカーレット 第25週 最終回 炎は消えない 相関図 あらすじ ネタバレ 戸田恵梨香 伊藤健太郎 稲垣吾郎 松下洸平 大島優子 松田るか 桜庭ななみ 林遣都 福田麻由子 溝端淳平 羽野晶紀 西川貴教 佐藤隆太 北村一輝 エール 窪田正孝 二階堂ふみ – 資産運用マンのブログ

広告

 

 

ドラマの最新記事8件