キン肉マン 超神編 320話&321話 レオパルドン汚名返上 ランペイジマンと引き分け ネタバレ考察感想

漫画「キン肉マン」最新話320話の感想、321話の展開予想、ネタバレ考察を含む内容をご紹介します。

※誤って今回の「キン肉マン」最新話のネタバレ考察記事に来てしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りください。

キン肉マン【超神編】320話 最新話のネタバレ

レオパルドンが期待通りの大活躍です。

最新話を無料で見たい場合はebookJapanの公式サイトをチェックしてください。

作品一覧 – まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan

キン肉マン【超神編】320話 最新話 ゆでたまご嶋田隆司インスタ

9月4日に「キン肉マン」72巻が発売されました。

キン肉マン【超神編】320話 最新話のネタバレ考察と321話 展開予想

ここからは最新話320話までのネタバレから、この先の321話の展開を予想して考察していきたいと思います。

当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。

広告

 

レオパルドンが汚名返上

0.9秒超人と揶揄されてきた苦い経験を糧に、これまで辛い修行に励んできたであろう成果が、この大一番で発揮されましたね。

おそらく、超人強度という数値だけで見れば、ランペイジマンは「神」なので1億パワー以上あると思われ、瞬殺されたマンモスマンよりも強いことになります。

そのランペイジマン相手に、1秒以上、リングに立ち続けている訳ですから、これはもう汚名返上したと言っていいでしょう。

しかも、ランペイジマンの攻撃をかわし、何発も攻撃を当てているなんて、相手が本気ではなかったとしてもこれは善戦と呼ぶにふさわしい戦いぶりです。

果たしてどこまで通用するのか見ものですね。

ランペイジマンと引き分け

とはいえ、さすがにレオパルドンが超神であるランペイジマンに勝つなんていうことはないだろう、ほとんどの読者がそう思っていると思います。

しかし、これまでも読者の期待をいい意味で裏切ってきたゆでたまご先生なので、きっとその予想の斜め上をいく展開を用意しているはずです。

そうなると考えられるのは、レオパルドンが勝利するという安易な大どんでん返しではなく、まさかの「相打ち」とかではないでしょうか。

これまでも、ストロング・ザ・ブドーにマウンテンが相打ちに持ち込んだなど、まさかの相打ちという展開はこれまでもありました。

今回もそういった展開で、レオパルドンを舐めていたランペイジマンが足元をすくわれてしまうという可能性は十分にあると思います。

例えば、今回、リングがあるのは兵馬俑の中なので、内部でレオパルドンが主砲をぶっ放しまくっていれば、地盤が崩れて内部崩壊を起こす可能性があると思われます。

ランペイジマン以外の超神たちは、まだ宙に浮いたままなので、兵馬俑が崩壊する前に飛んで逃げたものの、ランペイジマンは瓦礫の下敷きになってしまうのではないでしょうか。

そして、ビッグボディはすんでのところで、レオパルドンに救われて脱出。

しかし、レオパルドンは深手を負ってしまい瀕死の重傷となってしまう、とか。

当然、ランペイジマンも死んではおらず、単に下敷きになっただけでほぼ無傷でしょう。

しかし、リングがなくなってしまったので、とりあえずこの試合は没収試合的な扱いとなり、事実上、引き分け、という結果になるのではないでしょうか。

キン肉マン 関連情報

これまでの内容をまとめて一気読みしたいという方はこちらのコミックス単行本をおススメします。

最新の72巻は9月4日発売予定です。