2019年都立中適性検査の分析・答案再現・解答速報! 適Ⅰの傾向が変わり私立併願が有利だった!

昨日、2019年2月3日は、都立中適性検査の受検日でしたね。

例年、どんな問題が出るか傾向がわかりにくい適性検査ですが、今年は共通問題の適性検査Ⅰの傾向に変化がありました。

 

金の合格五角消ゴム 【20ヶ1セット】 【1ヶあたり84円(税別)】
価格:1814円(税込、送料別) (2019/2/4時点)

楽天で購入

 

さっそく今年の分析、答案再現、解答を検証してみました。

 

まずは適性検査Ⅰですが、例年通り2つの文章を読んで問題に答えるという点は変わらずでした。

文章1はインタビュー形式で、かこさとし氏の本の作り方についての話で、比較的わかりやすい読解問題だったと思います。

文章2は文章1について書かれた文章でした。問題としては文章1に引かれた棒線部分を文章2から探し出すという問題で、これも易しめの問題だったと思います。

 

そして作文ですが、ともだち同士の会話文を読んで「ひかる」が考えたことを書くという、これまでにない形式の問題でした。

 

これにはほぼすべての受検者が驚いたと思いますが、内容的には文章読解から解答を導き出すことができるタイプの問題で、難易度としてはかんたんなものだったといえます。

 

結果として、今年の適性検査Ⅰは難易度は「易」だったといえますね。

作文で自分の意見をしっかり書く練習に勉強時間を費やしてきた受検者にとっては、ちょっとあてが外れた形です。

 

これまで作文に力を入れて、両国中に多数の合格者を出していた受検塾・早友学院は、どのような結果となるのか気になるところです。

 

適性検査Ⅱについては、大問1が、会話文から条件を読み取る形式の問題でした。

 

小問の1~3は、それぞれ問題自体はさほど難しくないように思いますが、長い文章を読んだうえで作業をしなければならないので、これを最初に解いて時間を大幅に使ってしまうと、残りの大問2と3の時間がなくなってしまう、というパターンになる感じでした。

 

大問2は、日本の出入国者の移り変わりを示すグラフ資料からわかることを考察させる問題でした。

これは例年の資料問題と大差ない形式と難易度だったと思います。

 

大問3は、紙の性質についての問題でした。

問題1と問題2については、例年同様の算数と理科の問題という感じでしたが、問題3の、最初の実験結果から次の結果を仮定するという問題が難易度が高めでした。

 

 

 

適性検査Ⅲについては、学校ごとの独自問題なのでここでは割愛しますが、受検者の反応を聞いていると、全体的に難しく感じたという答えが多いようです。

 

解答速報については大手受検塾の報告を待ちたいと思います。

 

というわけで、分析結果を総合すると、

・適性検査Ⅰが軟化していた

・適性検査Ⅱの大問1と大問2が例年通りだった

・適性検査Ⅱの大問3が難しかった

・適性検査Ⅲが難化(もしくは例年通り)

 

という傾向見えてくると思います。

 

となると、今回の合否を分けるポイントとしては、

・適性検査Ⅱの大問3を正解でいる理系脳を身に付けられているか

・適性検査Ⅲで1点でも多く稼ぐ計算力が見についているか

 

ということになると思います。

 

受検塾の対策という点から考えると、適性検査Ⅰの作文が、都立中っぽさのない一般的な読解問題になっていたため、都立中受検を専門にやってきた子よりも、私立の難関校との併願で理数系を頑張ってきた子の方が有利だったという感じでしょうか。

 

すべての結果は2月9日の合格発表当日までわかりません!

さらにいうと、私立との併願が有利だったということは、補欠合格での合格という期待もあります。

 

今週いっぱいはドキドキしながら待ちたいと思います。